【タイ住みます芸人】あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

タダ者ではではないデブの巻

先週、久々にアフロモンキーズの試合に参戦しました。

イメージ 1

怪我が完治してないまま打席に立たせていただきましたが、速攻で三振し、照れ笑いしながらとっとと定位置(ベンチ)に下がりました。情けない限りでございます。

試合終わりでトータルテンボスの藤田さんに誘っていただき、ジムでトレーニング。

一通りのメニューをこなした後に、体組成分析カルテというのをやってみたんですが僕は・・・・

イメージ 2

「肥満」という現実を突きつけられました。たしかにここ数年間、村が1個壊滅するくらいの食糧を食べまくってきましたが、自分の中では「まだ僕はぽっちゃりだ!!」と都合よく脳内変換して安心してきました。

しかし、有能な科学者の皆さんが総力を結集させて作った精密なマシーンに「あなたはぽっちゃりではない!デブだ!!ファット野郎だ!!!」とハッキリ指摘されては、IQ6くらいの頭脳しかない僕に反論する余地はありません。

少しでも悪あがきするならば、僕の筋肉量は常人の倍以上の数値を叩きだしており、身体のポテンシャルもスポーツ選手クラスだったということです。

イメージ 3

イメージ 4

ということは、僕は「ただのデブではない」ということです。(さあ、都合のよい脳内変換タイムに入りますよ!)デブはデブだけど、本気を出せばスゴイということです。

何がどうスゴイかはわかりませんが、とにかく本気になったら大原。じゃなくて、本気になったらスゴイんです。僕は「タダ者ではないデブ」なんです。

今はただのデブですが、その気になったらスポーツ選手並みに動けるんです。マッチョにもなれるんです。ただ、その気になってないだけで、潜在能力はあるということです。

じゃあ、いい機会なので、いっその事、その気になろうと思います。夏に向けて、バキバキのカッコいい身体になってやろうじゃないですか!!

藤田さんも4か月前はいわゆる「わがままボディ」でしたが、苦労して今はカッコいい身体になっています。

僕もやってやろうじゃありませんか!!今日から伝説の始まりです!!トレーニングの結果はまた報告させていただきますので、こうご期待です!!!!

*3か月くらいしても何も報告がない時は、伝説は始まらなかったという事です。ご了承下さい。