あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

バンコクの美味しい日本料理屋の巻

久々にバンコクで食べた飯の話です。


まずはトンローにある楽市楽座さんの親子丼と特製肉野菜炒めとヤンマーマー。

{82E5012E-1E14-4C26-B425-832D550FEBC5:01}



親子丼は肉もタレもここは日本なんじゃないかというくらい美味しく、さらに玉子のトロトロ感がたまらなかったです。ネギもシャキシャキしてて最高でした!!

{16B394DB-D804-4EA7-B66D-9B7AB5C29647:01}



特製肉野菜炒めはただでさえキャベツと肉のコラボが素晴らしく美味しいのに、そこにさらに特製タレを入れて溶かしながら食べるんですがもう食が進んで進んで大変なことになります。

白米との相性が最高なので「日本昔ばなし」に出てくる罰ゲームレベルの超大盛りご飯すらペロリと完食できます。
{793303E6-B7FC-43A1-BCBF-F5165ECD6ED8:01}


ヤンマーマーは、インスタント麺にちょっと手を加えたらこんな美味しくなるのかとビックリしました。胃が破裂しそうなくらい満腹だったのにもかかわらずペロリでした。ありがたかったです。ご馳走様でした!


お次は、トンローとアソークにある玄風館さんの生レバーとユッケです。

{54DCE979-5E5A-42D5-BB3B-B04C91B34C71:01}

{E09C9AB7-802A-4B32-970C-9A230201935F:01}



前に紹介させていただいたお肉と秘伝のタレが美味しいのはもちろんの事、生レバーと生ユッケも食べなきゃ損するレベルです。

日本ではもう食べられないというプレミア感もさることながら、レバーの甘さ、ユッケのストレートな肉の旨味が存分に楽しめます。これも新鮮さがなせる技です。数量限定ですが、日本からいらっしゃった方に是非食べていただきたいです。

~タイ料理編に続く~