あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

へっぽこ道中記・成田空港〜タイの巻

※この記事は14年前、初めてタイに行った時の記事です。

 

先日行われた、芸人がオロナミンCのCMを作り、その面白さと完成度を競う大会が行われたのだが、その決勝のCMを撮るために8月の頭にタイに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

行くと決まったのがなんと3日前!

 

 

  

 

会議をしている時に海外ロケの案が突如出て、急遽「行くか!」となったのだが、この時点では本当に行けるかどうかもまだあやふやだった。

 

というのも、ロケに使える時間は、わずか3日(3日目の夕方からみんな仕事があるので正確には3日もない。)。その3日で日本→タイ・バンコク→チェンライ→バンコク→日本と移動しなければならない。とにかく時間がないので、観光する時間は一切ないのはもちろん、寝る時間さえもない。大嫌いな飛行機に4回も乗らなきゃいけないし、タイ語をしゃべれる人は誰もいないし、海外旅行経験がほぼ誰もないし、カメラ・飛行機の手配、両替などもしなくちゃいけないしで、こんな短い時間でたくさんの事が用意できるわけがない。海外に行くというのにこんな問題だらけで行けるのか?場合によっては本当に死ぬ可能性もある。

 

 

 

だが、そんな事よりも一番の問題が、タイには4人で行く予定だが、その4人中2人がパスポートを持っていないという事だ。こんな状態で、普通なら海外になんて行けるはずがない。しかし3日後の8月3日の17時。僕らは成田空港にいた。

 

 

 

 

タイに行くメンバーはトータルテンボスさん、パジャマとりやさん、僕の4人。そのうちパスポートを持っていなかったのが大村さんととりやさんだ。

 

藤田さんはパスポートを取った時に期限を10年間にしていたのでセーフ。僕も今年1月にサイパンに行った時にパスポートを取ったばかりなのでセーフ。後の2人は完全に期限が切れており大アウトだ。そんな状態でよく行ける事になったと思う。

 

 

詳しく書くとタイに行くまでに5回分くらい更新しなくてはならなくなるので省略するが、奇跡の連続としか言いようがなかった。

 

 

 

 旅行代理店のHISに行き、だいたいの予算とスケジュールが決まりかけた時に「でも、僕らのうち2人がまだパスポート持ってないんですよね。」と言った時の店員さんの顔が忘れられない。白目をむくとはあの事だろうなぁ…パスポートを持ってない人がHISに来るとは夢にも思わなかっただろう。まあ、そんなこんなでなんとか飛行機に乗れる事になり、

 

 

僕ら4人は飛行機に乗るという緊張でブルブル震えながら出発時間を待っていた。たまに大村さんがボソッと

 

「墜落、か…。」「これでみんなともお別れか…」

 

とか呟くので縁起が悪いったらありゃしない。そんな僕らの前に何故かフレンドリーに話し掛けてくるおっさんが現れた。

 

 

トークライブやとりやさんのブログにも書いてあった「前歯がほとんどなく、人の話を聞かないくせに何故かフレンドリーなおっさん」通称・歯抜けのおっさんだ。このおっさんは一人でウロウロし、タイに行くのは今回で60回目だという事を延々と一人でしゃべっている。「あんまりかかわりたくないなぁ。」と思っていたらなんと席が僕の隣!!何百分の一の確率だよ?自分の運のなさを呪いつつ、タイにつくまでの間、このおっさんのトークにつきあわなくてはならなくなってしまった…

 

日本を出発してから約3時間、おっさんの話を聞きながら作り笑いをし続けた。おっさんは歯がないのでカツゼツが非常に悪く、何を言ってるのかわからないので笑うしかないのだ。助けを求めようとみんなを見るが、知らんふりをしている。しかしそのうちに、おっさんが居眠りを始めた。

 

 

 

「チャーーンス!!!!」今しかない!僕も寝たふりをしよう!そうすればおっさんが起きたとしてもあきらめるだろう!!あっぱれコイズミ、夢の世界へフライトしまーす!!

 

 

 

 

…それから何時間たったのかわからないが、肩をゆすられて僕は目を覚ました。「タイにやっと着いたのかしら?」 と思ったが、まだ飛行機は飛んでいる。横を見るとおっさんがニコニコしながら窓の外を指差している。わざわざ寝てる僕を起こすほどの事だから何かあったのだろうか?心配になり、おっさんに「なんですか?なにかあったんですか?」と聞くと、おっさんは信じられない一言を発した。

 

 

 

 「ほら、見てごらん。星が綺麗だよ。」 

 

 

 

知らん!知らんわ!うるせぇ!うるせぇよ!!なんだそれ?そんな事でいちいち起こすな!俺らはカップルか!?それを言って俺が「あ、本当だ!ロマンティックね。素敵ね!」などと言うとでも思ったのか?残りの歯も全部抜くぞコラァ!

 

 

と言いたい気分だったが気の弱い僕は「あ、北斗七星も見えますね!」などとマヌケなことを口走ってしまい、その後、タイに着くまでの間、延々と「いかにタイの夜空は綺麗か」について説明される事になってしまった…

 

 

 

 

 

 

 

飛行機が落ちるよりも、オチのない話の方が恐いとは思わなかった……

 

 

 

 

 

 

 

~続く~