あっぱれコイズミ公式ブログ「タイのタイ冒険」

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

【タイの奇妙な寺】魔王の城みたいな寺に潜んでいたラスボスの正体とは・・

チョコレートファクトリーでお腹を満たした後は

 


※前回の記事はこちらでございます→

 

 

 

www.akoizumi.asia

 

 

 


個性的なお寺が沢山あるタイの中でも、特に「奇妙な寺」と噂されるワットシーマーライ ソンタム(Wat Simalaisongtham)に行きました!

 

f:id:akoizuminobaka:20200301002941j:image

 


過去に地獄寺やドラえもん寺などの、なかなかパンチの効いたお寺には行きましたが

 

 

www.akoizumi.asia

 

 

www.akoizumi.asia

 

 

 

 

今回のワットシーマーライソンタムも期待以上の衝撃を与えてくれました。

 


車でお寺に向かう途中、お寺がちらっと見えてくるんですが、この時点でなにやら妖気に近いオーラを醸し出しております。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003018j:image


ビクビクしながら寺の敷地内に入ると、個性的な仏像様達がお出迎え。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003047j:image


スペースの狭い壁の上をバランスをとりながら歩く仏像様達を見て、みちのくプロレスの新崎人生選手やWWEのジ・アンダーテイカー選手のロープ歩きを連想してしまったのは私だけでしょうか?

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003126j:image


やたらと数が多いオブジェ達もいい味を出しております。そしてその先には・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003151j:image


え?これ、お寺?

 


山の上にドーンとそびえ立つその建物は、お寺というよりも城っぽいです。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301002527j:image


まるで、ドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズの魔王の城みたいな雰囲気を醸し出しています。

 


あの城・・・いや、お寺の中にラスボスがいるんでしょうか?

 


なんて事を考えながら入口に行くと、めちゃくちゃ元気で個性的なおばちゃんが「あなたは日本人?」と話しかけてきたので「そうだよ。」と答えると、「このお寺は大きいから、ゆっくり見ていってね。」と言ってくれ、色々とお寺の説明をしてくれました。

 


どうやらこの方は寺を仕切ってる人らしいので、寺内の撮影許可をもらい、話が寺の説明から世間話に移行しそうだったので一旦話を打ち切り、なにはともあれ中に入ってみました。(おばちゃん、せっかく説明してくれたのに難しいタイ語だったので5%も理解できずすみません・・)

 

 

 

寺内はひんやりと涼しく、鈴の優しい音色が微かに響きわたり、外から見た印象に反して穏やかな感じです。なんか寺の中というか、洞窟を歩いているようです。それにしても・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003414j:image


f:id:akoizuminobaka:20200301003623j:image


f:id:akoizuminobaka:20200301003340j:image
f:id:akoizuminobaka:20200301003354j:image

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003730j:image


f:id:akoizuminobaka:20200301003848j:image

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004218j:image

 


作りがめちゃくちゃこだわってて素敵!!

 


ありとあらゆる飾りや仏像様が所狭しと飾られているんですが、その全部が奇妙だけど素晴らしいです!!

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003550j:image


なんでしょう、全体的ハイセンスかつ独創的な印象が強く、以前、バルセロナにあるダリ美術館に行った時のような衝撃を受けました。

 


※ダリ美術館に行った時の記事はこちらです→

 

 

www.akoizumi.asia

 

 

 


お寺は全て手作業で作られてるらしく、一つ一つに作った人の魂が宿っているような感じを受けました。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301003926j:image


特にこの優しく微笑む仏像様に何故か懐かしさと親近感を覚えてしまい、見てると凄く心が落ち着く気持ちになって、しばらくこの仏像様の前から動けませんでした。

 


文章ではうまく表せない感覚的なものですが、とにかく「何か」を感じました。不思議な体験でした・・

 


一方、こんな面白いものもありました。

 

 

 

タイのお寺によくある偉いお坊さんの像なんですが、

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004029j:image

 

お坊さんがヤンキー坐りしてタバコ吸ってる!こんなガラが悪いのは見たことがない!なんでこの瞬間をチョイスしたんでしょうか・・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004134j:image
f:id:akoizuminobaka:20200301004148j:image

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004711j:image

 

さらに寺を登っていくと野外に出るんですが、こちらもインパクトが強かったです!

 

 


ドラゴンや

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004308j:image

 


ガルーダや

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004341j:image

 


謎の手・・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004409j:image


がお出迎えしてくれます。

 


いや、唐突に手が落ちてるの怖すぎる!!なんでだよ!!

 


と思ったら、どうやら頂上付近は建設中らしく、

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004613j:image
f:id:akoizuminobaka:20200301004627j:image

 


作りかけの仏像様やドラゴンなどもありました。再びバルセロナで例えて申し訳ありませんが、サグラダファミリアみたいに完成までに途方もない時間がかかるのかもしれません。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301002941j:image


まるでゲームの世界に迷い込んだみたいな気分を味わえるこのお寺は本当に興味深かったです。世界観が徹底してるし、美術的なセンスも飛び抜けてるので、何年後かにまた来てみたいと心から思いました。いやはや、見終わってみれば面白くてめちゃくちゃ素晴らしいお寺でした!

 

f:id:akoizuminobaka:20200301004913j:image


お寺にお礼をするために、お参りと寄付をして帰ろうとしたら、先ほどのおばちゃんが近づいてきて「楽しかった?あと、数珠はいかが?」とやたらと数珠を勧めてきました。

 


僕「この数珠はなんですか?」

 


おばちゃん「パワー!パワー!」

 


僕「なんの効果があるんですか?」

 


おばちゃん「パワー!パワー!」

 


僕「この石は、なんて名前の石なんですか?」

 


おばちゃん「パワー!パワー!」

 


と、やたらと「パワー!」を連呼してきました。

 


なかやまきんに君なのかな?と思いました。

 

 

 

あまりにもパワーパワー連呼するので、文字通り力負けして数珠を買いました。

 

f:id:akoizuminobaka:20200301005124j:image


そして、何故かLINEを交換する流れになり、おばちゃんとLINEを交換したら・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200301005145j:image


ちょくちょくとこのような自撮り写真が送られてきます。

 


いや、一体なんなんだこの自撮りは!恐ろしすぎるわ!!

 

 

 

寺内にラスボスはいませんでしたが、まさかこのおばちゃんがラスボスだったなんて・・・

 

 

 

Wat Simalaisongtham (วัด ศิมาลัยทรงธรรม)

องค์กรศาสนา

 


ワット シーマーライ ソンタム

 


住所

 


Mu Si, Pak Chong District, Nakhon Ratchasima 30130

 


https://goo.gl/maps/J5f32kEAU1f83yqA9

 

 

 

※お寺内の動画はこちらです!!

 

 

www.youtube.com