あっぱれコイズミ公式ブログ「タイのタイ冒険」

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

プーケットビーチと異常に美味しいシーフードの店【プーケット現実逃避の旅2】

プーケット2日目は、さらに現実逃避をするため

 

 

 

※何があったかは前回の記事をご覧ください

 

 

www.akoizumi.asia

 

 

 

 

 

プーケットで一番にぎやかなパトンビーチではしゃぎました。

 

 

この写真を見ていただければ、どんだけ浮かれていたかわかっていただけると思います。

 

f:id:akoizuminobaka:20200308140609j:image

 


しかし、浮かれてばかりもいられないので、パラセイリングやバナナボートを使って愉快な動画をたくさん撮って仕事をしようと、こんな日のために買ったアクションカメラと防水カメラを起動したら・・

 

f:id:akoizuminobaka:20200308140734j:image


原因はわかりませんが、急に操作できなくなってやがんの。

 


あちこちボタン押しても、電源入れ直してもピクリともしないので撮影を断念。一体、何のためにこれを買ったんでしょうか?マジで使えねぇ!これはもう仕事するなって事か・・

 


荒んだ心を落ち着かせるため、とにかく海で泳ぐ!

 

f:id:akoizuminobaka:20200308140823j:image

 


泳ぐ!!

 

f:id:akoizuminobaka:20200308140850j:image

 


そして溺れる!!!

 

f:id:akoizuminobaka:20200308140911j:image

 

 

溺れ疲れたのでホテルに戻り、プールでまったり。

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141013j:image


プールに入ったまま食事や飲み物を飲めるバーがあったので、アイスコーヒーを飲んで休憩。

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141037j:image

 


「あの壁、ヤクルトミルミルみたいだな。」と思いながらボーっとしてたら夜になったので、夕食はSavoey seafoodへ。

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141125j:image
f:id:akoizuminobaka:20200308141116j:image


前日に行ったパトンシーフードと同じく店先には生きたままのエビやカニやカキやハゲが並び

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141311j:image

f:id:akoizuminobaka:20200308141444j:image
f:id:akoizuminobaka:20200308141320j:image
f:id:akoizuminobaka:20200308141306j:image

 

ご覧の通り、こちらも海の幸が有名なお店です!!(ハゲ除く)

 

 

 

特に生牡蠣とカニが、気が遠くなるくらい美味しかったです!生牡蠣はまったく臭みがなく甘く、しかも一個60バーツ(約190円)と安い!!

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141617j:image


全部が新鮮なので「タイで海鮮はお腹壊しそうで怖い」という方も安心なはず!!おすすめでございます!

 

f:id:akoizuminobaka:20200308141928j:image
f:id:akoizuminobaka:20200308141658j:image
f:id:akoizuminobaka:20200308141650j:image

 

 

Savoey Restaurant(サボイレストラン)

 


136 Thawewong Rd, Pa Tong, PATONG Phuket 83150

 


076 341 171

 


年中無休・10時〜24時

 

https://goo.gl/maps/qFmpezPRsLZQ3A8h9%20%20https://goo.gl/maps/qFmpezPRsLZQ3A8h9%20%20

 

そして次の日は、プーケットで1番デンジャラスな所に行ってまいりました!!想像以上でした・・

 

〜続く〜