あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

バルセロナ放浪記の巻

トータルテンボスさんのBANZAIツアーバルセロナ公演に前説兼衣装係り兼その他もろもろお手伝い兼いる役として参加させていただくため、いよいよスペインに向かう前日、2月5日の夕方。社員さんからかかってきた一本の電話で、突然事態は急変した。



「コイズミさんの泊まる予定だったホテルがダメになりました!」

 

 

 


え?ダメになるって何?前日にダメになるなんてことがあるの?いや、ないよね?もしかしてなんかのドッキリなのかしら!?と思いよく話を聞いてみると、どうやらドッキリではなく、ほんとに僕の泊まる予定だったホテルが泊まれなくなったらしい。

 

 


そもそも経費削減のため、僕の泊まるホテル・・というか、ホテルに泊まるような予算はないため、僕だけトータルさんや社員さんが泊まるホテルから少し離れたゲストハウス(バックパッカーの人達が主に利用する、共同トイレ、共同バス、雑魚寝システムの安宿)に泊まる予定だったのだが、現地の方の情報によると、そこは得体の知れない外国人の方が多く泊まるため寝ている間に荷物を盗まれたりする可能性が高いうえに、宿周辺の治安がすこぶる悪いのでやめた方がいいというのだ。



「昔、サンフランシスコのゲストハウスに泊まった時にゲイに狙われたりしたこともあるので全然大丈夫ですよ!」と強がってはみたものの、本当はその時、恐怖で胃潰瘍になるほどものすごく怖かったし、会社的にもなにかあってはいけないということで結局泊まる予定だった宿は断念することにした。

 

 

と言っても出発前日に現地で泊まる所がなくなるというのは非常に困る。

 


予定としてはバルセロナに着いた日の夜に舞台監督のHさん、社員のKさんが現地に到着し(僕は昼着)3日後にトータルさん、作家のパジャマとりやさん、もう一人の社員のKさんが到着する事になっているので、最悪、到着した昼から宿探しをするか、夜に到着するHさんかKさんの部屋にもぐりこみ、トータルさん達が到着した後はそれぞれの部屋にもぐりこませてもらうか・・・などと考えたが、見知らぬ土地で言葉も通じない状態で当日に宿探しするなど僕のスキルでは無理だし、それぞれの部屋にもぐりこませてもらうのも申し訳ないしで、結論的には「日本にいるうちに宿を探す」という一択しか選択肢はなかった。




とりあえずPCを開き、「安くて、綺麗で、wifiが使えて、交通の便が良くて、綺麗なスペイン人のお姉ちゃんが受付にいるところ」を目標に片っ端から泊まる宿を探すが、なかなか理想の宿は見つからない。



なので、条件を変え、「安くて、綺麗で、交通の便が良くて、綺麗なお姉ちゃんが受付にいるところ」にしてみたが、やはりみつからない。

 

宿がみつからないまま刻々と時間ばかりが過ぎていく・・焦る僕は条件を「安くて、交通の便が良くて、綺麗なお姉ちゃんが受付にいるところ」に絞ったがやはり見つからない・・・・


綺麗なお姉ちゃん 受付」まで絞ったとこで、なんか違う事に気づいた。

「もういっそのこと、面白そうだし、野宿でいいか・・・」という考えが一瞬頭をよぎったが、スペインはスリや泥棒が多いことで有名な国。そんな所で野宿をするのは、熊に囲まれた状態でハチミツを全身に塗ったまま寝るのと同じだ。危険だ。

 

今の例えが適切かどうかはわからないが、そう考えたら我に返り、「安宿 バルセロナ」に条件を変え検索してみたら、あっさりとよさそうな宿がいくつか見つかった。


その中から「日本人オーナーの経営する日本人専用ゲストハウス」を見つけ、宿泊代もお手ごろだったのでそこにすることにした。問い合わせのメールも幸いなことにすぐに返信が来て予約も成立し、宿の問題はこれで一件落着となった!!

 

しかし!一難去ってまた一難というべきか、宿が予約できたことにより安心してテレビをつけると、なんと関東地方を中心に大雪警報が出ているではないか!!

 

これでは飛行機が飛ぶか危ういどころか、ヘタしたら成田空港まですらたどり着けないかもしれない・・・・あわてて窓を開けると、無常にも雪がパラついている・・・いや、遠慮なしにドカドカと降っている・・・・

 


案の定、成田エクスプレスが運休になり、いよいよ無事にバルセロナへたどり着けるのか怪しくなってきた・・・・・

 

なんにせよ行動しなくては始まらない。電車をとっととあきらめ、荷物をドタバタとまとめ、バスで成田へ向かうために、たまプラーザ駅へと向かう。時刻は2月6日の午前11時。飛行機の時間は午後9時だが、とにかく成田へ行くことにした。ヘタしたら大雪による大渋滞で5時間くらいかかるかもしれない。家を出るのは早いにこしたことはない。頼む・・無事に着いてくれ・・・・




・・・・1時間半後、僕はあっさりと成田空港に着いた。大雪はいつのまにか止み、雪を警戒してみんな車移動をやめたせいかバスはスイスイ進み、とても快適なバス移動だった。

 

 

それから7時間ほど成田空港で時間を潰し(眠気と変な疲労で、何をしていたのかまったく記憶にありません。)いよいよ日本を離れる時が来た。てか、出国前にこんなアクシデントだらけでこの先、大丈夫なんだろうか?

 

まずはバルセロナへの経由地、ドバイへ・・・・・!

 


~続く~