あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

タイの素敵で愉快なカフェtheseasonscafe【チェンカーン】

スコールも完全にやんだので、お寺のみんなに別れを告げ再び一人ツーリングに出発。それにしても良い出会いだったなあ。

 

※前回の記事はコチラです。

 

迷い込んだ山頂のお寺にて・・【チェンカーン】 - あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯


雨で気温が下がり、タイにしては肌寒く感じる山道を走ること数十分。やっと目的のお寺ワットプラプッタバート(Wat Phu Pha Bath)の入り口に到着!

 

f:id:akoizuminobaka:20171021205421j:image

 

どうやらここからさらに4キロほど山道を登った先にお寺はあるらしい。徒歩だったら迷いなく引き返すところだが、こっちにはバイクという強い味方がいるので迷いなく山道に突入!!現代文明兵器万歳!!

 

 

しかし、先程のスコールのせいで舗装されてない道が泥だらけになっており、あわやスリップして転んでしまうところだった。転ぶだけなら千歩譲ってまだ我慢できるが、半端ない量の泥に道を遮られてしまってるし、よく考えたら借り物のバイクだし転ぶのも嫌なのでワットプラプッタバートに行くのは断念・・・現代文明兵器敗北!!

 


道に迷ったし、自然という相手に行く手を遮られたということは、今はこのお寺に行くべきではないという事なのかもしれない。運命には逆らわず、今回は諦めよう・・

 

f:id:akoizuminobaka:20171021205523j:image


どのみちチェンカーンにはまた来たいので、次回の楽しみに取っておくことにし、フラフラと走り出すとオシャレっぽいカフェを見つけたのでしばし休憩とシャレこむことに。

 

f:id:akoizuminobaka:20171021205556j:image


ずかずかとカフェに入ると店員さん、お客さんの視線が一斉に私に集まるのがわかった。ということは私は珍しき来訪者"イコール"ここは普段は地元の人が集まるカフェなのだろう。

 


アイスコーヒー(※突然タイの豆知識・タイで「コーヒー」という単語を発すると卑猥な下ネタになってしまうので注文する場合は「アメリカーノ イェン」と注文した方がいいです。ホットの場合は「アメリカーノ ローン」です。)を注文し、席に座ると店員のおばちゃんが外に行きなさいと言うのでまさかの強制退場&村八分状態をくらったのかと思いきや、外にはなんとも綺麗なオープンカフェスペースが広がっていました。

 

f:id:akoizuminobaka:20171021210232j:image


風が気持ちよく、広々のんびりできるので必要以上にくつろいでいたら、おばちゃんがやってきて写真を撮ってくれるとの事なのでお願いしたら、何回も撮り直しの嵐!そして被写体である私へのダメ出し!!おばちゃんは写り方からポーズから全てをプロデュースしてくれ、インスタ映え?を意識しながら写真撮ってくれました。では、おばちゃんプロデュース作品の数々をご覧下さい。

 

f:id:akoizuminobaka:20171021205907j:image

 

 f:id:akoizuminobaka:20171021205929j:image

 

f:id:akoizuminobaka:20171021210013j:image

 

 f:id:akoizuminobaka:20171021210114j:image

 

いかがでしたか?なんかグラビアモデルになった気分でした。性別は違うけどタイの篠山紀信さん、もしくはタイのアラーキーさんはここチェンカーンのthe seasons cafeにいましたよ!

 

 

せっかく撮っていただいたのでちゃんと位置情報をつけてInstagramとツイッターに写真をUPしてると、再びおばちゃんが現れ、なにやら大量のクッションを持ってきてくれました。何事かと思っていると、おばちゃんは「ここで寝ていきなさい。」と昼寝を進めてきてくれました。

 

f:id:akoizuminobaka:20171021205629j:image


アイスコーヒーを飲んでる時点で寝ない気マンマンなのに寝ていきなさいと進められるなんて、この時、私はよっぽど疲れた顔をしてたんでしょうか?

 

 

カフェで「お客様すみません、混み合ってきましたので長時間の利用はご遠慮下さい」と言われた事は過去にありますが、「寝ていきなさい」と言われたのはもちろん初めて。

 

 

せっかくの好意を断るのも気が引けるので、横になったフリをしてたら小鳥のさえずりや優しく包み込むような風が心地よすぎて、いつの間にか眠りの世界へと旅立っていました・・

 

 〜続く〜