あっぱれコイズミの野良猫の走馬灯

よしもと芸人の、あっぱれコイズミと申します。怪しいものではありません。猫・国内&海外旅行・ゲーム・映画・温泉巡りなどが好きです。 2015年5月からタイのバンコクに「アジア住みます芸人」として住んでいます。 ​ こちらのブログには趣味のことや旅行記やタイでの生活を書くので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

サイン下さい!の巻

西武ドームでトータルテンボスさん率いるアフロモンキーズVSタワーレコードさんチームで野球対決をさせていただいたのですが、(前回の記事をご参照下さい。)  

  試合には勝ったのに、僕とウルトラベイビー中尾だけが何故かタワーレコードで1日バイトをするという罰ゲームをすることになりました。(罰ゲームなので、もちろん給料はなし。)  


{393652AE-C823-40C9-B95D-49B67FFD15A0:01}


と言っても、接客やレジ打ちなどは僕らがやったところでできないし、テンパってしまい泣き叫びながら暴れたりしたら逆に邪魔になるということで、トータルテンボス&アフロモンキーズDVD特設販売コーナー作りを任され、理由なき罰ゲームとはいえ一生懸命作りました。    




しかし、あと一歩で完成!というところで、僕の手は止まってしまいました。   




 みんなの集合パネル、ウィニングボール、使用済みグローブといった特設コーナーグッズの中に寄せ書きサインもあったのですが、僕はこれを書いた時は端っこの方に小さくサインを書いたはずなのにそのサインは消されており、その変わりに、 

{E646DA9F-CD5C-4DEB-BB8E-737DF11AA17C:01}


  書いた覚えのない僕のサインがデカデカと書かれているのです!    



そうそうたるメンツのサインの中で、断トツの「誰やねん」枠の奴のサインが一番デカいんですから、事情を知らずにこれを見た方はさぞかし驚愕したことでしょう。



速攻で「身の程知らず」のレッテルを貼ったことでしょう。 



 しかし、悲しいかな、このサインは大人達の意向で直されることなく、そのまま展示されました。




もう過ぎたことなので、こんなに恐ろしく、それでいて愉快なイタズラをした犯人を今さら探す気はありません。    




というか、犯人はあの方しかいないはずだ!!!    




ヒント・アフロモンキーズの監督  



  ○今日のどうでもいい情報○

最近のお勧めコーヒーは、Rootsのソウルウガンダです。